お気楽 BW'S125 byサンタサン

【サンタサンのお気楽 BW'S125X センタースプリング交換編】

皆さんこんにちはー。
『最近加速悪いんだよなぁ』 『アクセルに付いてこないから気持ちよくないっ!』 
なんていうスクーターオーナーの皆さんに朗報です。


センスプ交換しちゃいましょ!


というわけで、11月6日発売のモトチャンプ12月号では、BW'S125Xのセンスプを

良いヤツに交換。


ここでは、誌面でお伝えできなかった交換手順を や・さ・し・く ご紹介します。


A
BW’S125Xのセンタースプリング交換に使う工具がこちら。プラスドライバー(3番)、クラッチナットレンチ、Tレンチ10mm、ソケット19mm、電動インパクトと意外と少ないですよね。

A1
A2
そんでもって、1:駆動系カバーを外す。 2:電動インパクトを使って、クラッチを留めているナット(19mm)を外す。インパクトがない場合は、シザーズホルダー等の専用工具を使いますよ。

B1
B2
1:クラッチを両手で強く握りセンタースプリングを縮め、Vベルトのたるみを作ります。左右どちらか、斜め方向に力を加えると縮みやすいですよ。 2:センタースプリングを縮めた状態のままクラッチASSYを抜き取り、Vベルトを外しますよー。イメージとしてはギュッとしてスコンて感じ。

C1
C2
1:ナットサイズが46mmと大きいため、KN企画製クラッチドリブンナットレンチ(市販品)を用意しました。 2:緩む方向に力が加わるよう、路面を叩いてナットを緩めます。

C3
C4
1:ナットが緩んだら、足でスプリングを縮めて手でナットを外します。 2:これでセンタースプリングの交換が可能な状態に。ついでにブレーキクリーナで各部を脱脂します。

D1
今回テストしたセンタースプリングは2種類。左からKN企画製KOSOパワーキット付属
強化センタースプリング(3132円)、BW’S125Xのノーマル、MFR製センタースプリング5%アップ(1944円)。社外製は、どちらもスプリング径が太い強化タイプ。エンジンのスペックや好みによって選びましょう。

E1
センタースプリングを装着し足と手でスプリングを縮め、手で止まるまでナットを回します。 

E2
E3
1:ちなみにナットには裏表があり、膨らんでいる方をクラッチに当てます。 2:今度は締まる方向に力が加わるよう、レンチを叩いて締め付けます。

E4
最後にナットを締め付けて完了。

装着後のインプレは、11月6日発売予定のモトチャンプ12月号をCHECKしてくださいね!






軽量クーリングファンの装着 【サンタサンのお気楽 BW'S125X】 

月刊モトチャンプで好評連載中のカスタム日記【サンタサンのお気楽 BW'S125X】 
2月6日発売のモトチャンプ3月号では、空冷ファンの軽量化にトライ。
ここでは、誌面でお伝えできなかった作業手順をご紹介します。

A1
脱着の邪魔になるマフラー後端を外し、ファンカバーを外します。
ファンを手で持ち固定したらボルトを外してカラー軽量クーリングファンを装着。
元通りに組んで作業終了。


A2
ファンカバーから覗く、チラ見せ感が良い感じ。軽くなった分スロットルレスポンスが上がり、
実走でのピックアップも確実に良くなりましたよ。


A3
KN KIKAKU
カラー軽量クーリングファン
適合車種:シグナスX(全年式)/BW’S125・X(全年式)
価格1900円(税込)
問い合わせ先:KN企画 078-512-1337
純正品に対して半分以下の72gという驚異の軽さを実現。蛍光グリーン、グリーン、レッド、オレンジ、ピンク、イエロー、ライトパープル、ダークパープル、ライトブルー、ブラックの全10色がラインナップ。

気になるインプレ等は、2月6日発売のモトチャンプ3月号をご覧くださ〜い。

フロントフォークのOH+ファインチューン 【サンタサンのお気楽 BW'S125X・番外編】

みなさんこんにちは。
指先や足先がジンジンとしびれる寒さに耐えながら、バイクに乗るサンタサンです。
ところで皆さんは、「フロントフォーク」のメンテナンスってした事ありますか? 
“大事なのはわかっている”けれど……な方が多いのではないでしょうか。
かく云う私がそのひとり。
BW’S125Xを購入して2万5000km以上メンテらしいメンテをした記憶がありません(洗車程度)。
エンジンオイルは交換するのにフォークオイルは放ったらかしって、
考えてみたらおかしいですよね。
というわけで、ここでは誌面スペースの都合で掲載できなかった分解手順を詳しくご紹介。
気になるファインチューンテクニックは、モトチャンプ3月号P63〜で
しっかり解説していますので併せて(いや、必ず)ご覧くださいね〜。

■PHOTO:島田健次


A
レクチャーしてくれるのは、東京都中野区に店舗を構える
moto-medico代表のメンボー山根氏。
プロのレースメカニックとしてチャンピオン争いを繰り広げた経歴を持つ元国際A級ライダー。


A1
今回作業するフロントフォークはこちら(BW’S125X・ノーマル)。
まずフォークチューブを抜きます。


A2
フォークチューブを外してみると砂や汚れがびっしり。
これがインナーチューブやシールの傷付きの原因になります。
インナーチューブとトップに見える丸い凹みを押してC型のクリップを外せば
オイルとスプリングを抜く事ができます。


A3
専用工具がない場合(がほとんどですよね)は、写真のように太めのプラスドライバーで押して中のスプリングを縮めます。 2人いると作業がラクかも〜。


A4
先の尖った工具でクリップを外します。トップキャップ、スプリングを引き抜いた後、
オイルを抜きます。 オイルシールを止めているクリップも外します。


A5
インナーチューブが共回りしないようしっかり持って、ボトムケースにあるボルトを外します(ネジロック剤が塗布されていて固いのでインパクトレンチがあると便利)。
ちなみにクリップを外す際は、こんな工具があるとベスト
(一番下はスポークを加工したメンボー山根特製)。
外したボルトはきれいに掃除しておく事。


A6
インナーパーツを全て取り出し洗浄。
オイルシールをタイヤレバーで外して(裏ワザ)ありとあらゆるところを掃除します。


A7
分解したBW’S125Xのフロントフォーク。正立タイプならだいたいこんなパーツ構成。
各シールやパッキンは新品に交換します(サービスマニュアル参照)。


B1
インナーパーツを固定した後、新品のオイルシールを専用工具で装着します。
ない場合は古いシールや塩ビパイプを代用しても可。
今回はサンタサンの走りに合わせて、フォークオイルの番手を10番→15番に変更。
油面を7mm上げて減衰の効いた底付きしにくいセッティングに変更します。
ハードな社外製リヤショックに変えている人は、前後のバランス的に同じような方向性がおススメ。


B2
オイルを入れたら全縮・全伸を繰り返してエアを抜きます。
トップ部分を手の平で密閉してフォークを縮めると
インナーパーツの隅々までオイルが行き渡りますよ。
最後に油面を計測して完了。


B3
スッキリとした見た目を狙って、フォークチューブのかわりに
KN企画製ダストカバー(1900円)を使用。
内側にグリスを塗って挿入します。
ちなみにグリスを塗らずに挿入すると左下写真のように擦れた跡が…(@_@)。
潤滑ってとても大事なのです。最後にトルクレンチを使って装着。
と、ここで非常に重要なファインチューンテクニックがあるのですが、
そちらは誌面をご覧ください。


B4
いかがでしたか?
ここでは作業手順だけですが、誌面ではノーマルフロントフォーク派・社外製フロントフォーク派どちらにも使えるファインチューンテクニックを披露しています。
「もう少し固くしたい」「あの底付き感が嫌」という方も必見の内容ですので、自分で行ってみたい人はモトチャンプ3月号をCHECKしてね〜。
(サンタサン)

バッテリーの交換作業 【サンタサンのお気楽 BW'S125】

ハローハロー。真冬でもバイクに乗り続けるサンタサンです。
ところで12月6日発売のモトチャンプ1月号P88はご覧いただけました?
ページ内では、軽量化をテーマに今話題のリチウムイオンバッテリーを体験。
こんなバッテリーを知ってしまったらもう、普通のバッテリーには戻れません(笑)。
…と、そこいら辺は誌面をご覧いただくとして、ここでは誌面で紹介できなかった

『バッテリー交換手順』をご紹介します。

『2年経ったしそろそろ交換かな』な方や
『まだ使えるけどメンテしようかな』な方など参考にしてくださいね。



1
<1> BW’S125Xのバッテリーはステップボード下にあります。蓋はボルト1本で外せますが★型のトルクスビスなのでご注意を(推奨はしませんがHEXレンチでもなんとか外せます)。
<2> 蓋を外した状態がこちら。
<3> ショートを防ぐため、マイナス線→プラス線の順で外します。外したボルトは失くしやすいので元の位置へ付くと安心。
<4> バッテリーを留めているゴムバンドを外せばバッテリーが取り出せます。



2
<5> 奥が今まで付いていた鉛バッテリーで手前がリチウムイオンバッテリー。大きさはほぼ同じなので交換するだけ。●AZリチウムイオンバッテリー (1万3500円・問い合わせ:岡田商事03-5473-0371)
<6> 真横から見たところ。AZリチウムイオンバッテリー(右)の方がバッテリー端子が大きいのが分かります。
<7> 今まで付いていた鉛バッテリーの重さは、2.555kg。ズシリとくる重さです
<8> 対してAZリチウムイオンバッテリーは、676g! 2kgを切るどころか1kgを切り、約1/4の重さ。キャッチボールができそうな軽さです。


3
<9> AZリチウムイオンバッテリーには、バッテリー残容量わかるよう、LEDインジケーター付き。
<10> TESTボタンを押すとFUL(100%〜51%)・MED(50%〜41%)・LOW(要充電)で状態が表示されます。ちなみに充電する際は、サルフェーション機能など電圧常勝機能が付いていない充電器を使用すること。


4
<11> 交換ついでにバッテリーターミナルの汚れや錆をワイヤーブラシなどを使って取り除く
<12> ターミナルボルトには、導通性の高い銅グリスを塗布。こういう細かい所のひと手間が快調をキープする秘訣ですよ。
<13> バッテリー端子が大きいので、配線側のターミナルを斜めに広げました。
<14> 外すときの逆順序でプラス線→マイナス線と繋げて作業完了。



バッテリーに厳しくなる本格的な冬を前に
【メンテ】や【交換】をしておくと安心ですよ!


santasan.




【BW’S125X・オールペンにチャレンジ 前編】

快速で快適なBW'S125Xを目指してモトチャンプ誌で連載中の
【サンタサンのお気楽 BW'S125X】
11月号では、プロ+素人の合わせ技で仕上げるオールペンにチャレンジ(詳しくは誌面を)。
誌面でお伝えしきれなかった模様をご紹介します。

■photo:小林克好


MACHINE
こちらがオールペンするBW’S125X。今回は、少し色気が欲しくなりオールペンを決意。
費用節約のためにホイールとフロントフォークは、自分で塗りますよ。



PARTS
塗装するカウルがこちら。
毎日のアシとして乗っているので車両ごと預けるわけにはいかず社外製カウルを用意。
BWS125外装セット 8800円
バイクパーツセンターTEL043-250-4182



SHOP
というわけで、訪れたのがモトチャンプ初登場の「Z-WORKS」さん。
バイクだけでなくショーカーやチャリもペイントするペイントショップです。
Z-WORKS(東京都足立区扇1-5-26 TEL03-5691-5559)




WORK
工房内を案内してもらうと自転車のフレームがずらり。
些細な傷の補修(写真右上)やカーボン補修(写真右下)だけでなく、
リン酸被膜処理という特殊な処理(写真左下)も行っています。
これを行うと塗装面の下から錆が浮くトラブルもなくなるそう。




SHOCK
今回は、カウルの塗装のほかにリヤショックのスプリングの色を変えたいので
サクッとリヤショックを分解します(工具不要で分解可能)。
純正品ではこうはいきません。
Z1リアサスペンションBW’S125用
3万6750円 問ビームーンファクトリー TEL045-470-7333




SELECT
さぁ本題の色決めですが、カラーサンプルがありすぎて逆に悩む〜。
というわけで「アイボリーでお願いします」とだけ伝え調色してもらう事に。




COLOR
数種類の塗料を混ぜて作った色がこちら。
左が赤みが強めで右が黒みが強いややグレーに近いアイボリー。
「うーん…もう少し黄色強めかなぁ」



塗装ができあがるまでの間は、自分でホイールとフロントフォークを塗装してスタンバイ。
果たしてオールペンはうまくいくのか?
 

オールペンの完成形は、

11月6日発売のモトチャンプ12月号をお楽しみに!


_I9K0174







【BW'S125X】 デカ目2灯のUSDMスタイルをメイク!

快速で快適なBW'S125Xを目指して、
モトチャンプで好評連載中の【サンタサンのお気楽 BW'S125】
7.6売りモトチャンプ8月号では、USDM度満点な横目デュアルライトの交換にチャレンジ。
 …というわけで、誌面でお伝えできなかった交換手順をこちらでご紹介。
BW'Sオーナーだけでなく、ライト周りのカスタムに興味のある方も参考にしてくださいね。


1
こちらが、今回装着するヘッドライトキット。
ボルトオンで装着できるのでカスタム初心者でも安心ですよ。
ダブルライトキット・リフレクタータイプ
2万9800円 BW’125/X用
問い合わせ先:KN企画078-512-1337

2-5
まずは、外装カウルを外します。ビス穴の形状が★型のトルクスビスも2本使われています。そうそう、外装を外す際に便利なのが自動車の内張り外しに使う工具(写真だとピンクの物でKTC製です)。爪を折ることなく気持ちよく外すことができました。

6-7
カウルを外したら、続いてヘッドライトユニットを外します。愛車のハーレーを見せに訪れた元近所の手塚さんにお手伝いいただきました。カスタムをする際は、誰かを巻き込んで作業するのがおススメです(笑)。

8
ライトユニットを見比べてみます。右がノーマル(台湾仕様)で左が横目2灯の北米仕様タイプ。だいぶ印象が変わりそうです。

10
外して付け替えるだけなので、あっというまに装着。こりゃ簡単

11-15
ヘッドライトグリル取り付け用のステー(付属)を車体に取り付け。カウルの下の丸い切欠きをマイナスドライバーなどで突いて外し、ヘッドライトグリルを装着します。

14
配線カプラーは、防水性を高めるためビニールテープで巻いておきました。

16
約30分ほどで作業は終了。

17
ちなみに使用した工具はこちら。トルクスビス用のビット以外は一般的な工具です。

C1
BEFROEがこちら。これが……

C2
こうなります。
装着もノーマルのヘッドライトユニットを外して交換するだけのボルトオンなので簡単です。「なんだか違うぞあのBW’S125」そんな通好みなイメチェンに成功した今回。
「やっぱりBW’Sは横目でしょ」と言う人にもおすすめですよ!


サンタサン





プーリー交換作業 【サンタサンのお気楽 BW'S125】

快速で快適なBW'S125を目指して連載中の【サンタサンのお気楽 BW'S125】
9.6売りのモトチャンプ10月号では、通勤をより楽しくするためにプーリー交換にチャレンジしています。
というわけで、誌面でお伝えできなかった交換手順をこちらでご紹介。
スクーターなら作業手順は基本的に同じなので、駆動系チューンやメンテナンスに興味のある方は参考にしてください。
1
 プラスドライバーを使って、樹脂製のカバーを外します。

2
 続いて、8mmソケットで駆動系カバーを留めている9本のボルトを外します。プラハンなどで軽くショックを与えるとパカッとカバーが外れますよ。

3
 クラッチを右回りにひねるイメージでギュッと強く握ってVベルトを緩めます。

4
 プーリー固定ホルダーで、プーリーが回らないように固定。※固定ホルダーは、車両メーカーや車種によって違うので気をつけてね。

5
 プーリーを固定したまま、17mmのソケットレンチを左に回してプーリーを外します。

6
 ちなみに電動インパクトレンチを使うとスピーディーな取り外しが可能。

7
 プーリーを外した状態。このときパーツクリーナーなどで汚れを洗い流しておきましょう。

8
 プーリーを装着して元通りに組み直して作業は終了。慣れている人だと15分程度の作業ですので、みなさんもチャレンジしてみてくださいね。


燃費40km/lオーバーってマジ!? 【サンタサンのお気楽バイクライフ BW'S125】

通勤のアシで活躍中のBW'S125ですが、
慣らし運転中ならともかく、最近やけに燃費がんです。
SANTAのコピー
5%〜10%くらいする時が多く(変わらない時もある)……

思い当たるフシが3点ほど。

 .┘鵐献鵑離▲織蠅出てきた。

◆〔軌媼韻里Δ舛縫札灰ちりに変わった。

 アーシングしたから。

で、気になるに関しては、
5月2日発売のモトチャンプ もう6月号『DIYちゃんぷ』ページにてご紹介しておりますので
街乗り派の方は、ご覧になってみてください。


(サンタサン)

台湾で常勝のMAXXIS MA-R1タイヤを装着! 【サンタサンのお気楽 BW'S125】

日本のミニバイクレースで人気の12インチタイヤといえば、ブリヂストンBT-601SSやダンロップTT93GPですが、お隣の台湾ミニバイクレース(特にスクーターね)で人気の12インチタイヤは、BT601SSやTT93GPよりもMAXXIS MA-R1なのです。

そんなMA-R1タイヤがデイトナさんより公道走行OKモデルとしてリリース!

先日のサーキット秋ヶ瀬で行われた試乗会でも大好評だったとかで。

んで、さっそくサンタサンもに入れて
(80SET限定で8000円以上もお得になるキャンペーン中)、
My通快スカイラブハリケーンなBW'S125に朝6時半起きで装着。

RIMG0144




…って、じゃん今日。。。


というわけで、公道でのインプレは、
5月2日発売のモトチャンプ6月号でご紹介するので、お楽しみに!
なんでもグリップはライバルと同等以上でライフは数倍との噂。
『ハイグリップを履きたいけど持ちが心配』なサンタサン的には期待度


ライフ具合とスクーターとのマッチングは追々お伝えしていこうと思っております。

サーキットも走ってみたいなぁ〜


(サンタサン)



【サンタサンのお気楽BW'S125】 はじめての……

CY7C1116
何をするにも必要なカウルの取り外し作業。前回はテール周りだったから、トルクスレンチさえあれば※1 チョチョイのチョイだったんだけど、までバラすのに1時間 はじめてって大変だわ〜。
スクーターってこんなにボルト多かったっけ? てなくらいパーツも分割されていて複雑でした。でも1度やってしまえばカウルも外れやすく?なるし、次からは手際よくできそうです

次号ではBW'S125の各部の寸法をCHECKするので、オーナーはもちろん、「俺のに流用できっかな〜」な方も興味のある方はご覧ください。

IMG_1633※1←これが、トルクス☆です。

(サンタサン)


 
11月号のプレゼントはコチラ
47)
NEW!!モトチャンプ杯 2017 年版 統一車両規則書
47)
ギャラリー
  • 明日はスクーターミーティング2017の開催日ですよ=!
  • スクーターミーティング無料大試乗会のご案内
  • スクーターミーティング無料大試乗会のご案内
  • スクーターミーティング情報局!
  • スクーターミーティング情報局!
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜
  • 新型スーパーカブも登場! モトチャンプ11月号、ただいま発売中〜

livedoor プロフィール
モンキー"RR"大作戦
ちゃんぷステージ
47)
モトチャンプブログQRコード
QRコード
Moto-champ公式Facebook
  • ライブドアブログ