モトチャンプ4月号、本日発売です(定価400円)! 今月の特集はズバリ、新型クロスカブ&スーパーカブ!! 全国の書店・コンビニにて発売中ですので、ぜひチェックをお願いします。
19

<特集企画:新型クロスカブ&スーパーカブ>
まずは、2月23日に発売が開始されたばかりの新型クロスカブを徹底解剖しました。
試乗インプレッションでは、先代モデルから格段の進化を遂げた走行性能を実感するとともに、50ccと110ccの乗り味の違いも検証しています。
110ccのゆとりある走りもいいけど、50ccの気軽さも捨てがたい……おっと、ここから先は誌面でご確認ください。
46

そして、新型クロスカブと先代クロスカブ、2台を丸裸にしての比較検証を実施。
よく見比べてみると、「こんな細かいところまで変わっているとは…」と驚かされるポイントを多数発見。
また、「新型の黒くなったホイールは先代に移植できるのか?」など、気になる流用情報もバッチリ検証していますよ。
12

さらに、新型クロスカブの開発者に独占インタビューを敢行。ハンターカブ感全開なアップマフラーを装着した初期イメージスケッチを公開してもらったりと、今だから明かせる開発秘話は必読です。
58

もちろん、カスタマイズ情報もたっぷり。早くも登場したSP武川の新型クロスカブ用パーツや、C100っぽく仕上げられた新型スーパーカブなどなど、見逃せないアイテム&マシンが多数登場です。
22

というわけで、新型クロスカブ&スーパーカブが気になる!というあなたは今すぐモトチャンプ4月号をゲットです!!

<その他の注目企画>
●新型クロスカブで、ホンダ発祥の地を尋ねる(下道で)
ライター・マルコ坂木が新型クロスカブに乗って、ホンダ本社(東京都港区)からホンダ発祥の地(静岡県浜松市)まで、665kmの下道旅へGO!
36

●セル付き楽々始動のダックスターボ、試乗!
エンジンはスーパーカブ(JA07)に乾燥し、軽自動車用タービンをドッキング。ブーストがかかった時のモリモリ加速は、ボアアップ車とは一味違うパワフルさ!
45

●バイクで行く釣りが楽しい! モトフィッシング
ツーリングは、走り以外の目的があるともっと楽しくなる。アマゾンでも釣り経験のある達人を行使に迎え、バイクで行く釣〜リングに挑戦してみた!
55

●新型ニンジャ250がCBR250RR、YZF-R25と筑波で激突
250ccスポーツバイクのカテゴリーがヒートアップ! 三強を筑波サーキットで比較インプレッションした結果分かった、3台の真のポテンシャルとは!?
24

●シグナスXカスタムマシン、三連発!
ドラッグ仕様か、ストリート仕様か? それぞれのフィールドに合わせてチューニングされたシグナスXをチェック。自分のカスタマイズの参考にぜひ!
40

●GSX-R125、年の差インプレッション!
バイクブームに青春を過ごした50代と、今が青春真っ盛りの20代。年の差30歳以上の二人が、新型125ccスポーツバイクを本音で語る。
00