DSCF2401
「世界に通用するライダーを育てたい」という故阿部典史さん(ノリック)の遺志を継承して活動する「ウェビックチームノリックヤマハ」。今日行われた2017年の活動体制発表会に、私サバンナが行っていまいりました!

DSCF2426
DSCF2512
 さて、今年のチームノリックの筆頭は、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスにYZF-R1で参戦する上和田拓海選手。まだ20歳ですが、2014年にチームノリックに加入した後、順調にキャリアを重ね、2016年は全日本選手権J-GP2クラス年間6位に入るなど活躍。今年はついに、国内最高峰クラスへステップアップを果たした、というわけです。
「3年目の全日本ですが、チャンスをもらえてうれしいです。バイクもタイヤ(今年はダンロップ)も変わりますが、見てくれる人の目に留まる走りをしたいと思います(上和田選手)」

DSCF2519
DSCF2410
 そして、筑波ロードレース選手権J-GP3に全戦するほか、もてぎロードレース選手権GP-3とSUGOロードレース選手権GP-3にも参戦を予定しているのが阿部恵斗選手。まだ13歳ですが、20116年はスーパーモト東日本選手権S3クラスでチャンピオンを獲得するなど伸び盛り。注目はマシン。J-GP3クラスの主力はホンダNSF250Rなのですが、チームノリックはヤマハ系ということで、TZ125のシャシーにYZ250のエンジンをドッキングしたオリジナルマシン「TZ250F」で参戦するとのこと。
「初戦から優勝を狙います。筑波で1秒台を出せるよう、頑張ります(阿部選手)」

DSCF2517
DSCF2444
 最後が、タイ出身で17歳のケミン・クボ選手。チームノリックに加入した2016年はもてぎロードレース選手権でチャンピオンとなり、今年は全日本選手権J-GP2にフル参戦。マシンはNTSが製作したフレームにヤマハのエンジンを搭載したYN6になります。また、ケミン選手はアジア選手権SS600にもヤマハレーシングチームからフル参戦するとのことなので、大忙しの一年になりそうです。
「初めてのGP2になりますが、できればチャンピオンを獲りたいです。アジア選手権ではランク5位以内に入りたいです(ケミン選手)」

 そんな3名を擁するチームノリックですが、なんと今年は鈴鹿8耐への参戦も計画しているとか。ライダーは上和田選手、ケミン選手のほか、スペイン選手権にバレンティーノ・ロッシのチームから参戦するアピワット選手となりそう。

DSCF2383
 さらに、チームノリックを2010年からサポートしているウェビックの信濃社長から驚きの発表が。ウェビックが、世界耐久ロードレース選手権にフル参戦中のトリックスターレーシングをスポンサードし、チーム名も「Webike TRICK STAR」になるというではありませんか。

DSCF2490
 というわけで、2017年も話題豊富なチームノリック&ウェビックなのでした!