こんにちは〜。花粉を全身浴びながらバイク通勤を続けるサンタサンです。
今回は、2017年3月6日(月)に東京・広尾で行われた【2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会】の模様をお届けします。
1

会場は、同社を代表するBATTLAXブランド(二輪)。POTENZAブランド(四輪)のタイヤが展示されるレーシーな雰囲気で、ステージのど真ん中にはPOTENZAがドーン! 
2


3

ブランド戦略担当・鈴木道弘氏。

4

消費財タイヤ開発担当・井出慶太氏。

5

モータースポーツ活動の目的と2017年の活動計画が発表された後、ピストン西沢さん、SUPER GT GT500ドライバーの平手晃平選手と安田裕信選手ら3名によるタイヤ開発に関するトークショーを開催。

6
MCはプロのアマチュアレーサーとしても有名なピストン西沢さん。

7
8

場内に設けられたスクリーンには、MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000クラスシリーズチャンピオンの中須賀克行選手、北米Indy Carシリーズドライバーの佐藤琢磨選手からの熱いメッセージが届けられるなど、豪華な演出も。

気になる2輪カテゴリーでは、FIM世界耐久選手権(EWC)、FIM世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレース、MFJ全日本ロードレース選手権、MFJ全日本モトクロス選手権にタイヤを供給。ちなみに本誌テスターの“ソードー”こと濱原颯道選手も ヨシムラスズキMOTULレーシング のライダーとして、ブリヂストンタイヤを履きJSB1000クラスで戦います!
今シーズンは、10月8日〜15日で開催される、ソーラーカーによるオーストラリア縦断3000kmレース「Bridgestone World Solar Challenge」に挑戦する若きエンジニア達を環境技術でサポートすることも決定。“情熱と感動”を足元から支えてくれている ブリヂストン の活躍に期待しましょう!