はーい本日は、一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)主催による「女性のモーターサイクルスポーツ」懇談会へお邪魔してきましたよ〜。
IMG_9912

 MFJといえば、全日本ロードレースの開催が有名ですが、2000年から全日本モトクロス選手権のレディースクラス制定をはじめ、2016年からは全日本トライアル選手権にもレディースクラスが誕生するなど、女性がモーターサイクルスポーツへの参加機会を拡大するための試みを大小さまざなま形で取り組んでいる団体です。
世界的にも、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が女性委員会を設け活動するなど、女性ライダーの活躍の場は広がりを見せているんですね〜。
会場では、FIM女性委員会の森脇 緑さん(モリワキエンジニアリング取締役)。MFJ全日本モトクロス選手権レディースクラスチャンピオンの安原さや(saya yasuhara)選手。MFJ全日本ロードレース選手権J-GP3クラスに参戦するモトチャンプでもお馴染みの岡崎静夏(shizuka okazaki)選手。MFJ全日本トライアル選手権レディースクラスに参戦する初代選手会代表の小玉絵里加(erika kodama)選手らがモータースポーツの魅力や「男性と同じレベルで戦うためには筋力をカバーする高い技術が必要なんです」なんていう、女性ライダーならではの話しも飛び出しました。
てなわけで、気になる中身は4月6日発売予定のモトチャンプ5月号をお楽しみに(やや強引に宣伝)。
http://www.mfj.or.jp/