10月30日から一般公開が始まる東京モーターショー。このたび、ヤマハの出展車の情報が届きましたので、ご紹介です。

 まずは「レゾネーター125」。125cc空冷エンジンを搭載する、スリムかつクラシカルなスタイルが特徴です。ターゲットは、これからモーターサイクルと出会う若者。ギターに用いる木目素材をタンクに使ったり、その一方でタブレットらしきものがメーター周りに設置されていたりと、新旧が入り交じった個性的なコンセプトモデルに仕上がっています。
03_Resonator125_3

02_Resonator125_2


 つづいては、電動バイクの「PES2」と「PED2」。前者はカウル付きのスポーツタイプで、前輪にも居んホイールモーターを装着した2WDマシン。後者はオフロードタイプ。どちらも原付二種クラス相当とのことです。
07_PES2_3

11_PED2_3


 そのほかにも、電動アシストマウンテンバイクやリーニング・マルチ・ホイール、4輪車のデザイン提案モデルなども出展予定。実物を見るのが楽しみですね!
14_YPJ-MTB_3

15_LMW

16_DesignConcept