さて! 今年は2年に一回の東京モーターショーの開催年です。10月30日から一般公開が始まるわけですが、一足先に現在ドイツでは通称「フランクフルトモーターショー」が開催されています。

 そこでホンダがやってくれました! 公道を走れるMotoGPマシンこと「RC213V-S」に搭載されているV4エンジンをミッドに搭載したコンセプトカーを発表したのです。
4150909_003H

 その名も「Honda Project 2&4 powered by RC213V」(長っ!)。1960年代のF1マシンをモチーフにしつつ、バイクのようにオープンエアーを体感できるようドライバーの体はむき出しというのだから、215psのハイパワー全開で走ったときには、ナガシマスパーランドの「スチールドラゴン2000」もびっくりのスリルが味わえること間違いなし! 
new_sd_img_main03

(画像はナガシマスパーランドのHPより拝借)

 この「Honda Project(以下略)」ですが、きっと東京モーターショーでも見ることができるはず。また、そのほかにもニューモデルが東京モーターショーでは多数出展される見込みですよ〜。10月6日発売のモトチャンプ11月号でしっかりレポートする予定なので、お楽しみに!