なんと、レッツ4以来10年ぶりとなるモデルチェンジを遂げて、新型レッツが登場しました!
09_LetsG_UZ50GL5_PUW


この新型レッツが強く打ち出しているのは、「メイド・イン・ジャパン」であるということ。ライバル車が海外生産であるのに対して、この新型レッツは日本の豊川工場で最終組み立てを行うことで“品質に自信あり!”をアピールしているのだ。

発表会では、スズキ二輪の濱本英信社長や開発スタッフがハッピを着て登場!
_I9K2158

(写真:渡辺昌彦)

気になる価格は、レッツが14万3640円(税込)、ちょい豪華仕様のレッツGが15万4440円(税込)。レッツ4が13万8240円(税込)だから、多少のお値段アップなんだけど、新エンジン搭載によってモード燃費を17%も向上させているなど、徹底した実用性の追求が図られていることを考えると、文句は言えません!

その他の詳しい情報は、12月6日発売のモトチャンプ1月号をチェックしてくださいませ〜。