CY7C1116
何をするにも必要なカウルの取り外し作業。前回はテール周りだったから、トルクスレンチさえあれば※1 チョチョイのチョイだったんだけど、までバラすのに1時間 はじめてって大変だわ〜。
スクーターってこんなにボルト多かったっけ? てなくらいパーツも分割されていて複雑でした。でも1度やってしまえばカウルも外れやすく?なるし、次からは手際よくできそうです

次号ではBW'S125の各部の寸法をCHECKするので、オーナーはもちろん、「俺のに流用できっかな〜」な方も興味のある方はご覧ください。

IMG_1633※1←これが、トルクス☆です。

(サンタサン)