モト・チャンプが後援を務めるモト・チャンプ杯ミニバイクレース[FP4クラス]に規則変更がありましたのでお知らせいたします。

FP4クラス車両規則変更のお知らせ

FP4クラスのFI車量に関する車両規則に関して、モトチャンプ4月号発表の規則[05-06]を再度主催者が検討し、5月7日付けにて再決定したのでお知らせします。関係者の皆様にはご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

[05-04] インジェクション仕様車両に、燃料調整機能および点火時期調整機能、エンジン回転リミッターの解除機能を有する電子制御装置の使用は可。ただし、ECU本体の改造変更、および点火方式の変更は不可。

[05-05] 当該カテゴリーの活性化を鑑み、上記制御パーツおよびデータについては、公開を指示された場合は参加者はそれに応じなければならない。公開方法は使用する装置ごとに主催者側が指示する。

[05-06] 上記以外の改造、変更については、すべてFPクラスに準ずる。

[補足1] 上記規則の導入は8月24日(マルチハイ東日本 第4戦)以降とする。

[補足2] レギュレーションは、安全面、既存車両との戦力バランスを考慮し、上記パーツの使用許可など、重要な部分を含め、猶予期間なく変更する場合がある。FI車は過渡期であることも鑑み、レギュレーションは継続的に変化していくこととする。

(モト・チャンプ編集部)