2016年07月

モトチャンプパラダイス情報〜☆

こんばんわー!コチラ編集部は9月号の製作作業も大詰め!


隣ではサンタサンがやっぱり頭を使うと糖分欲しくなるよね!!って言い訳しながら
至福のドーナツタイム中。(セブンのドーナツしか食べません)

IMG_8240



こないだはロールケーキ独り占めじようとする始末
(ちなみにサンタサンはダイエット中です)
image3




さてさて!みなさま!モトチャンプパラダイスinもてぎの申し込みは完了しましたか?

7D2_5809




まだだー!って方に、ここでいち早くお知らせタイム

申し込みの期日が少し延びて
最終締め切りは8月30日(火)になりました!

参加しようかお悩み中な方も、約後1ヶ月あるから安心ですね★


申し込み方法は去年同様2通り!

.皀肇船礇鵐廛ンラインからのウェブ申し込み→http://www.motochamp.jp/

▲皀肇船礇鵐廝厳邱罎泙燭蓮⇒莊酥売の9月号に付いている申し込み書に記入をして現金書留で郵送!



ちなみに!早期エントリー特典キャンペーンはあと3日で終了ですよー!!

今年の特典はとってもスペシャル

IMG_8244

(モデル:昨日誕生日だったパクさん。)


じゃじゃーん!っと今話題の【ベルハンマー】極圧潤滑剤。
そしてモトチャンプ【ち】ステッカーも付いてきちゃうというスペシャル感(・∀・)


あ!大事な事もう一つ!
モトチャンプパラダイス2016のHPもできました!→http://motochamp.jimdo.com/

みなさまに楽しんで頂けるよう、ガツガツと準備中でございます( ´∀`)

新しい場所で開催される新★モトチャンプパラダイス!
これからも最新情報色々アップしていきますのでお楽しみに!










若者の街・渋谷でE-Vinoを発見!

 サバンナです!

 さて、ただいま、ヤマハの電動スクーター「E-Vino」の展示イベントが開催中という噂を聞き、ポケモンを探しがてら渋谷へ向かいました。

 オヤジ狩りに合わないよう、チーマーたちを避けながら到着したのは、渋谷ロフト。ここは、全国に107店舗を構えるおしゃれ雑貨店「ロフト」の旗艦店で、年間の来店客数は約600万人! しかも、そのうち女性の比率が7割で、20〜30代の若者が非常に多いのも特徴だとか。

_MG_0451
 そんなお店で「E-Vino」を展示する理由は、普段バイクに接する機会のない人たちに、とにかくまずはバイクに見て、触れてもらうため。特に「E-Vino」は電動スクーターなので、ただ展示するだけでなく、実際にまたがって、アクセルを回して、そして後輪が駆動する様子を楽しんでもらうこともできちゃいます。

 そして、この「E-Vino」にまたがっている様子を写真に撮影した来場者には、オリジナルのトートバッグをプレゼントしちゃうという太っ腹ぶり(毎日・先着200名まで)。

IMG_1833
 私、サバンナも撮影してもらいました。背景が3パターン用意されており、私は海岸沿いの風景をチョイス。さらに、前方からは扇風機で風を送り、疾走感を出すという演出も用意されています(笑)。

_MG_0497
 また、会場でクイズに答えた方は、「E-Vino」のICカードサイズのオリジルナルステッカーがもれなくもらえます。

 さらに! ロフトのスマホアプリから応募すると、1名様にE-Vinoが抽選で当たるというではありませんか。これは応募するしかないでしょ〜。
 
 開催期間は8月2日までなので、皆さん、遊びに行ってみてくださ〜い。

_MG_0468
 ちなみに、上の写真でサバンナが被っているヘルメットは、テレビ東京のTV番組『充電させてもらえませんか?』で、出演者の出川哲朗さんが被っている実物。そのパネルも、会場には展示されているのでした。

バリバリマシン復活!?

1986年から17年間、
走り屋のバイブルとして人気を博したバイク雑誌「バリバリマシン」。
IMG_4679

投稿企画の「俺達のハングオン」や「勝ち抜きゼロハン俺ハ」では、
全国の走り屋たちがこぞってコーナーリングの写真を投稿し、
美しいライディングフォームに贈られる”赤ゼッケン”を目指したという。
なんと全盛期には、
毎日段ボール2箱以上の郵便物が届いたという人気振りだ。

そんなバリバリマシンを創刊から休刊になる最終号まで
支え続けた元編集長の高橋さんと深夜の打ち合わせ♪
IMG_4677


こんなにたくさんのバリマシを並べて何をするかって?

え?中を見たいって?

そんな人は次号のモトチャンプ9月号が必見ですよ!

バリマシ創刊の裏話や、、
当時の取材秘話、
さらに赤ゼッケンの審査方法などなど、
貴重なお話盛りだくさんでお届け予定。

ぜひぜひお楽しみに〜!

パク



今年の8耐はホンダの逆襲が見られる!?

 三連休の中日、皆さん、どのようにお過ごしでしょうか。サバンナでございます。

 さあ、夏の風物詩である「鈴鹿8耐」がいよいよ迫ってきましたよ! それに先駆けて、7月15日にホンダのウェルカムプラザ青山で、「2016鈴鹿8耐Hondaファンミーティング」が開催されました。

 昨年は、新型YZF-R1を擁したヤマハ・ファクトリーチームの完全勝利に終わった鈴鹿8耐ですが、手をこまねいているホンダ陣営ではありません。CBR1000RRはベースモデルの古さによる戦闘力不足が指摘されることが少なくありませんが、それを補うために各チーム、秘策を練っているようです。

 ちなみに、13日・14日に行われたメーカー合同テストでは、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手が2分6秒960でトップタイムをマーク。それに対して「MuSASHI RT HARC-PRO」と「F.C.C. TSR Honda」のベストは2分8秒台と、やや水を開けられています。本番では、果たしてその差を挽回できるのか…。

 ファンミーティングの前には、記者会見が行われました。参加したのは、「F.C.C. TSR Honda」の渡辺一馬選手/パトリック・ジェイコブセン(通称PJ)選手/藤井正和監督。そして、「MuSASHI RT HARC-PRO」の高橋巧選手/マイケル・ファン・デル・マーク選手/ニッキー・ヘイデン選手/本田重樹監督です。

_MG_0320
では、「F.C.C. TSR Honda」のメンバーの会見を聞いてみましょう。

_MG_0278
藤井監督「我々は8耐のためにレース活動を行っています。大変だったり、辛かったりすることもあるが、それ以上に8耐の季節が来たことがうれしくてたまりません。一強(ヤマハ・ファクトリーチーム)が抜き出ていますが、それをどれくらいまで詰められるか。総合力ではトップではないので、違うことをやらないと勝てません。そこで、『世界最速のコーナリング』を目指して、チームを作りました。それが、今回のライダーです。同じホンダでもハルクさんとは違う考えた方です。1コーナーやS字を見てもらえればわかると思いますが、進入速度は最速じゃないかと思います。そこを狙ったマシン、レースの組み立てを考えています」

_MG_0300
渡辺選手「このチームで8耐を走れることをうれしく思います。8耐で勝つことを目標に、ル・マン24時間耐久やポルティマオ12時間耐久でも走ってきました。その成果を見せられるよう、がんばりたいと思います。まだまだ課題はありますが、本番までにそれらをクリアして、ライダーとしてできることをやって、精一杯戦い抜きたいと思います」

_MG_0260
PJ選手「今回、初めて8耐に参戦します。まだ満足できるタイムは出ていないが、だんだん調子が良くなってきているので本番を楽しみにしています。テストでは差がありましたが、まだ本番までにできることはあるし、チーム全員で考えて、最善を尽くしたいと思います」

_MG_0420
 続いて、「MuSASHI RT HARC-PRO」の会見です。

_MG_0330
本田監督「昨年からヤマハさんが強力でペースも上がっています。その対策として、我々は2008年から同一モデルなのですが、サスペンションやブレーキ、制御などに手を加えて、新たなマシン作りを今、目指しています。これらのパッケージがなかなかうまくハマらずに、テストでも雨にたたられたりして、ドライでのデータが足りないので、セッティングも80%くらいというのが現状。ただ、パーフェクトな状態だったらレースに勝てる、というわけでもないので、我々のチャレンジが8耐のファンの心に残るようなレースになるよう、頑張りたいと思っています」

_MG_0363
高橋選手「去年は最高のパッケージだったにもかかわらず、アクシデント(ケーシー・ストーナー選手のクラッシュ)でリタイアしてしまい、悔しかったです。今年も最高の環境なので、去年の悔しさをバネにして、リベンジしたいです。テストでは天候が悪かったので充実したとは言えなかったのですが、直さなければならないところは明確になったと思うので、本番までには戦えるマシンに仕上げていきたいです」

_MG_0370
マイケル選手「目標は一つ、優勝トロフィーをもう一度手に入れること。昨年よりもバイクはさらに良くなったと思うので、決勝ではその成果を出したいと思っています」

_MG_0399
ヘイデン選手「僕が8耐に参戦するのは勝つため。MotoGPやデイトナ200などたくさんのトロフィーを持っているけど、そこに8耐のトロフィーを一緒に飾りたいと思っています。13年ぶりの鈴鹿サーキットだったのですが、とても大好きなコースなので、今回参戦できてとても嬉しいし、楽しみにしています」

 さて、やはり今大会の注目はヘイデン選手となるのですが、本田監督に彼の印象を聞いてみました。
「ニッキーと仕事ができるのはすごく楽しみでしたね。彼はMotoGPやスーパーバイクと最先端のバイクに乗っていたせいか、テストで『このバイクはシフトダウンが難しい。クラッチを使ってシフトチェンジするなんて、何年もやってないから忘れちゃった』なんて言って、笑わせてくれました。ものすごく性格が良くて、すぐチームに溶け込んでくれましたよ」。

_MG_0347
 そんなヘイデン選手は、前週に行われたスーパーバイク世界選手権・ラグナセカ大会で3位表彰台を獲得した後、体調を崩してしまって風邪気味とのこと。会見中も、テーブルの下に置いた箱ティッシュにしきりに手を伸ばし、鼻を咬んでいました。また、寝不足なのか、風邪薬のせいか、大あくびを連発。レースの際は、万全の体調になっているといいのですが…。

 暑さは大丈夫?と聞いたところ「僕は湿気がすごくて暑いアメリカ南部(ケンタッキー州)出身なので、日本の夏の暑さが厳しいと感じたことはありません。むしろ、ヨーロッパの寒さの方が、なかなか慣れることができませんでしたね」とのこと。
 
 さてさて、彼らが決勝でどんなレースを見せてくれるか、期待しましょう!

明日はイベント目白押し!

こんにちは〜、パクでーす♪

さて、明日の7月17日(日)は、
各地で4MINIイベントが盛り上がっていますよ〜

まずは、
静岡県の十国峠レストハウス駐車場で行われる
「十国峠カブミーティング」
●時間:10時〜14時
●場所:十国峠レストハウス駐車場
●住所:静岡県田方郡函南町桑原1400−20

そして、
岡山県の鏡野ドームで行わる
「第一回4MINIフェス岡山」
●時間:9時〜
●場所:鏡野ドーム
●住所:岡山県苫田郡鏡野町竹田158

ともにモトチャンプ取材班が会場を徘徊しているので、
参加者の皆さんはぜひぜひご協力お願いします。

カブミーティングはパクが、
4MINIフェス岡山は復帰第一戦となるナリが伺いま〜す!

それでは、みなさん、
会場でお会いしましょう〜。

極圧潤滑剤をぶぁぁぁあああっと差し上げます!! 

102


やっほー、アニータちゃんどす!

愛車のアドレス110を毎号カスタムしているワタクシ。
次号では極圧潤滑剤の“LSベルハンマー”をいろんなところに添加&塗布してみようと試みておりまーす。

んで、モトチャンプイチの美女、アテ姐ちゃんが手に持っているのがそのLSベルハンマー。
なんとなんとなんと!!

9月11日に開催されるモトチャンプパラダイス(会場:ツインリンクもてぎ)に7月30日までにお申し込みいただいた方全員(※)に、このLSベルハンマーの80mlサイズ(定価2017円)をプレゼント! ちょ〜太っ腹! 


エントリー希望者はモトチャンプ8月号10ページをご覧くださ〜い!!

※エントリー1台に対して1セット(モトチャンプ非売品ステッカー1枚とBELL HAMMER潤滑剤1本)のプレゼントとなります。

新型CBR250RRの姿が見えた!?

 サバンナでございます。
 ジメジメしているお天気を吹き飛ばすような、ホットなニュースです!

 インドネシアでホンダ車を販売しているディーラー「アストラホンダ」のウェブサイトに、新型CBR250RRのティーザー(予告)ビデオがアップされたのです!


 ビデオ映像以外の情報は皆無で、このマシンの車名も明らかにされていないのですが、映像を確認すると、カウルにはしっかりと「250RR」と書かれています。また、昨年の東京モーターショーに出展された「ライトウェイトスーパースポーツコンセプト」に全体のイメージは酷似しているのですが、ディテールは異なっており、いかにもコンセプトモデルだった「ライトウェイト…」と比べると、市販車にふさわしい仕様となっているのがわかります。

 インドネシアは、年間約650万台もの新車が販売される二輪大国(日本の年間新車販売台数は約40万台)。よく売れているモデルはスクーターやアンダーボーンで、朝夕の通勤時間帯では3人乗り、4人乗りは当たり前の光景なのですが、経済成長と市場の熟成に伴い、スポーツモデルの注目度も飛躍的に高まっています。

 思い返してみると、ヤマハのYZF-R25も、真っ先に市場に投入されたのは生産国でもあるインドネシア。日本で発売が開始されたのは、その約半年後でした。ホンダの新型スポーツモデルも、ひょっとすると、まずはインドネシアで発表されるのかもしれません。

 というわけで、まだ発売時期もスペックも価格も何もかもが不透明な新型CBR250RRなのですが、まずはじっくりとこの映像を観察してみましょう!

07
トップブリッジの形状は、現行型のCBR250Rとはまったく異なります。また、タンクキャップ周辺のデザインも凝っています。

25
ちらりと見えるエンジン。噂通り、2気筒なのかどうか…。

08
真っ黒のカウルに、黒い文字で「250」、赤い文字で「RR」と書いてあります。

22
倒立フロントフォーク、ニッシン製2ポットキャリパーを装備。「ABS」も装備されているようです。

06
エッジの効いたタンクとカウルの形状が伺えます。

48
マフラーの特徴的なデザインに注目!

_2_C0045
ちなみに、こちらが昨年の東京モーターショーに出展されていた「ライトウェイトスーパースポーツコンセプト」。アクラポビッチのマフラーをはじめ、ショーモデルならではの演出が施されていました。

『モトチャンプパラダイス』が復活! 9月11日(日)もてぎで開催!

イエーイ! 帰ってきました!! 

読者が主役のBIGイベント「モトチャンプパラダイス」!!!

幕を閉じて1年、復活を望む声が後を絶たず開催を決意いたしました。

開催地は、MotoGP日本グランプリの舞台としてもお馴染みの

栃木県「ツインリンクもてぎ」

年に一度の読者ミーティングをみんなで一緒に盛り上がりましょう!


IMG_0644
イベントの内容や申し込み方法はモトチャンプ8月号10ページ〜をCHECK!
インターネットからも参加申し込みができます。
モトチャンプオンライン

IMG_0645
_MG_8612-1

7月30日までにエントリー(参加1台)された方全員に、非売品モトチャンプステッカーと、超話題の潤滑剤BELLHAMMERベルハンマー(参考価格2017円)をセットにしてプレゼント!



10-5 (2)
二代目チャンプガールの“とっきー”こと、ときひろみちゃんも登場します。

IMG_9886
会場は超広々! ロードコースからも近いのでパレードランもバッチリ見れます。

IMG_9901
地面もしっかりしているので、駐車もしやすそうですね。



開催概要
名称:モトチャンプ パラダイス 2016
開催日:9月11日(日)※雨天決行
時間:9時〜16時(予定)
場所:ツインリンクもてぎ内 第二アクティブトレーニングパーク
申し込み期間:7月6日(土〜8月28日(日)
運営:moto-kids

開催予定イベント
全車撮影会/★第二アクティブトレーニングパーク体験走行/★国際ロードコース(東コース)パレードラン/★お試しSS1/32mileアタック/★一本橋チャレンジ/メーカー&SHOPブース出展/メーカー&SHOPマシン試乗会/プレゼント大会/ほか ★:事前申し込みが必要。※内容は変更になる場合があります。


パワーアップした新生モトチャンプパラダイスをお楽しみに!

(サンタサン)

モトチャンプパラダイスウェブ申し込みにつきまして

9月11日に開催「モトチャンプパラダイスinもてぎ」!!



ご参加予定の皆様に訂正がございます。ご確認をよろしくお願いいたします。


※8月号申し込み方法のご紹介内、「ウェブ申し込み方法」掲載内容に訂正がございます※


お支払い方法がクレジット・後払いの2種類となっておりますが、
正しくは、ウェブ上からのお申し込みは「クレジット決済」のみの対応となっております。


ご参加予定皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫びし、ここに訂正させていただきます。


今月中にお申し込みの方には、ちステッカーと話題の潤滑剤【BELL HAMMER】プレゼントもありますよ!詳しくは、モトチャンプ8月号、モトチャンプオンラインをチェックしてみてください!



◎モトチャンプ編集部◎

岡山で4MINIイベント!

7月はイベント目白押しですね〜♪

先日は静岡のカブミーティングを紹介したけど、
今回は岡山県で行われる4MINIイベントの告知で〜す!
キャプチャ

★第一回4MINIフェス岡山★
●開催日:7月17日(日)
●時間:9時〜
●場所:鏡野ドーム
●住所:岡山県苫田郡鏡野町竹田158

中国地方はもちろん、
関西や四国、さらに九州地方の4MINIユーザーも必見!!

自慢の4MINIを持ち込むもよし!
極上のマシンを探すもよし!
カスタムのアイデアをパクリに行くもよし!

我らがモトチャンプ取材班も遊びに行くので、
会場で発見した極上マシンはガンガン撮影させていただきますよ〜♪

あ! 

当日行われるカスタムコンテストでは、
モトチャンプ賞も授与する予定なのでお楽しみに!

それでは、中国、関西、四国、九州地方の4MINIフリークのみなさん、

会場でお会いしましょう〜♪
4月号のプレゼントはコチラ
47)
NEW!!モトチャンプ杯 2017 年版 統一車両規則書
47)
ギャラリー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 原二スクーターが大集合〜!
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • 2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会
  • 2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会
  • 2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会

livedoor プロフィール
モンキー"RR"大作戦
ちゃんぷステージ
47)
モトチャンプブログQRコード
QRコード
Moto-champ公式Facebook
  • ライブドアブログ