2015年09月

グロム50ccが東京モーターショーに登場!

出たっーー!

失礼しました、思わずツバが一緒に飛び出すくらい興奮して叫んでしまいました。

10月30日から一般公開が始まる東京モーターショー。その出展車の情報が解禁されたのですが、なんとホンダからは、グロムの50ccモデルがデビュー! 「スクランブラー」をテーマにしたコンセプトモデルで、なんとデザイン違いで2台が登場するようです。
c150930_037H

c150930_038H

c150930_039H

こちらが「グロム50スクランブラーコンセプトワン」。ゼッケンカウルやパンチング入りのマフラーガードなど、ちょっとレーシーな雰囲気ですね。

c150930_040H

c150930_041H

c150930_042H

こちらは「グロム50スクランブラーコンセプトツー」。グリーンのボディとブラウンのシートで、よりクラシカルなムードです。

どちらも125ccの現行市販モデルとはかなり異なる、独自のスタイル。ぜひぜひ、会場で確かめてくださいね。

えっ、それまで待てない? そういう人は、10月6日発売のモトチャンプ11月号をチェック。「グロム50スクランブラーコンセプトワン」の詳細に迫っておりますよ!

LEDライトが付いてきます!

 今日は宣伝させてください!(きっぱり)

 ただいまモトチャンプでは定期購読キャンペーンをやってまして、お申し込みいただいた方には、特製LEDライトをもれなく進呈しています!

15_8_23_044

 LEDは9灯なので、かなり明るいですよ〜。

15_8_23_052s

 レッドメタリックのボディには、レーザー刻印の「モトチャンプ」ロゴ入り。

 で、気になる定期購読料金は4800円ポッキリ(1冊400円×年間12冊)。しかも送料無料ですって奥さん!

 詳しくは、コチラをご覧くださいませ。

 以上、宣伝でした!(キリッ) 

オクムラのかとーくん

このニックネームにピーーーンと来たあなたは

80年代からの熱狂的なモトチャンプ読者★


なんか聞いたことあるな・・・・・・・って方は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_0491


これで思い出すかも!?

(1988年9月号、118ページより)


このページの右側に載っているのが、

当時、改造スクーターなどでミニバイクレースで勝ちまくった、


元祖スクーターキング

こと、加藤義昌サンです\(゜ロ\)(/ロ゜)/


このレジェンドライダーが、約23年ぶりにモトチャンプに帰ってきました。

11月号(10月6日発売予定)では、いぶし銀の走りとインプレッションがタップリ★

いろんなメーカーさんのチューニング原チャリを乗り倒しています!!!!!


ということで、次号(11月号)をお楽しみに!

スクミ申し込み締切迫る!

IMG_0397
今日からシルバーウィークに突入。
スクーター乗りの祭典「スクーターミーティング」参加の準備はできていますかー!?
参加申し込みは、9月27日(日)までですので、お忘れなく〜!
(詳しくはモトチャンプ10月をご覧ください)

RV213V-Sの4輪版!?

 さて! 今年は2年に一回の東京モーターショーの開催年です。10月30日から一般公開が始まるわけですが、一足先に現在ドイツでは通称「フランクフルトモーターショー」が開催されています。

 そこでホンダがやってくれました! 公道を走れるMotoGPマシンこと「RC213V-S」に搭載されているV4エンジンをミッドに搭載したコンセプトカーを発表したのです。
4150909_003H

 その名も「Honda Project 2&4 powered by RC213V」(長っ!)。1960年代のF1マシンをモチーフにしつつ、バイクのようにオープンエアーを体感できるようドライバーの体はむき出しというのだから、215psのハイパワー全開で走ったときには、ナガシマスパーランドの「スチールドラゴン2000」もびっくりのスリルが味わえること間違いなし! 
new_sd_img_main03

(画像はナガシマスパーランドのHPより拝借)

 この「Honda Project(以下略)」ですが、きっと東京モーターショーでも見ることができるはず。また、そのほかにもニューモデルが東京モーターショーでは多数出展される見込みですよ〜。10月6日発売のモトチャンプ11月号でしっかりレポートする予定なので、お楽しみに!

ワニニクーーーー(@_@;)

IMG_0445



これ、昨夜食べたカルパチョの写真。

でも、ふつーのタコとかのカルパッチョとはチト違う!?


なんと、ワニサンのオニク・・・・・・みなさん食べたことあります??????


こーんなレアな食べ物が、編集部の近く、新宿三丁目っていうメジャーな街で食べることができるのにもビックリでした

\(゜ロ\)(/ロ゜)/


見た目の通り味はタンパクそのもの。それでいて臭みもなくコリコリな触感。

これ、あんまり抵抗なく食べられちゃいますゼ★


と、なんだか食べ〇グのレビューみたいになっちゃいました!

スクミで超絶トリックを披露!

来月の10月4日(日)に、
埼玉県のサーキット秋ヶ瀬で行われる
「第19回 スクーターミーティング2015」。

今回もあのウイリーキング!
安倍軍団の安倍くんが参戦決定〜(パチパチ♪)

前回は悪天候の中、傘を差しながらウイリーするという
離れ業を披露してくれた安倍くん。

あれから1年、今回はどんな超絶トリックを披露してくれるのか!?

もう今から楽しみ!

現在新技を開発中で、
真央ちゃんもビックリの超高速ウイリースピンなんだとか。

まだ見たことが無い人も、
1度見たことがある人も、
常に進化を続ける彼の超絶トリックは必見ですよ〜
abe

安倍軍団公式Facebook
https://www.facebook.com/Anpei.Yo

【大会概要】
■名称:第19回 スクーターミーティング2015
■主催:サーキット秋ヶ瀬(048-855-7862)
■日程:10月4日(日) 雨天決行
■時間:7時〜17時(予定)
■場所:サーキット秋ヶ瀬 埼玉県さいたま市桜区上大久保1099
■参加料金: 5000円/1台(入場料含む)。2台目以降は+2000円/1台。
■入場料:1000円(当日ゲートでお支払い下さい)

排気量不問スクーター乗り大集合!『スクーターミーティング2015』

MT016350
スクーター乗りの皆様お待たせいたしました! 
来る10月4日(日)埼玉県サーキット秋ヶ瀬にて、『スクーターミーティング2015』を開催し。
当日は、車誌面掲載の撮影会、カスタムコンテスト、0→50.29mのタイムを競う
SS1/32mile、一本橋、ジムカーナ等の参加コンテンツをはじめ、多数のメーカー&
ショップブースが出展し試乗会も開催されるなど観戦者も楽しめるイベントとなっております。 
イベントの内容、参加方法、観戦の方法など詳しくは、モトチャンプ10月号174ページに掲載
しておりますのでぜひ誌面をご覧くださいね。


【大会概要】
■名称:第19回 スクーターミーティング2015
■主催:サーキット秋ヶ瀬(048-855-7862)
■日程:10月4日(日) 雨天決行
■時間:7時〜17時(予定)
■場所:サーキット秋ヶ瀬 埼玉県さいたま市桜区上大久保1099
■参加料金: 5000円/1台(入場料含む)。2台目以降は+2000円/1台。
■入場料:1000円(当日ゲートでお支払い下さい)

10月4日(日)スクーターミーティング開催 【クラス分け説明】

はーい、発売中のモトチャンプ10月号 174ページはCHECKしてくれました〜?
日本中のスクーター乗りが集まるBIGなイベント『スクーターミーティング』が10月4日(日)に
埼玉県にあるサーキット秋ヶ瀬にて開催しちゃうのです。

そんな最新号のCHECKがまだっていう、うっかりさんのために DOOOON!!
IMG_0391

詳しくはモトチャンプを手に入れてねー!

でね、知ってる人は知っている知らない人は?なスクミに参加する際に必要なクラス分け。

これって、参加するともれなく走ることができるSS1/32mileドラッグ競技のタイム計測時に必要なのです。

だってT MAXとDioが競っても誰も面白くないしねー。

というわけで、初めての方のためにクラス分けをレクチャー。
!cid_58B94C3C-B295-4840-9502-C49FBAE4B828

こんな感じで細かく分かれているわけだけど、わかったかな?

次回はもうちょっとわかりやすく説明するからお楽しみにー。

あ、そんなスクーターミーティングの締め切りは9月27日までだから気を付けてね!
モトチャンプオンラインからエントリーもできまーす。






モンキーV型エンジン、急展開!?

 Gクラフト・山口社長の悲願である「モンキーV型エンジンプロジェクト」。モトチャンプでも毎号その進捗をレポートしていましたが、このたび急展開がありました!

IMG_5509

 3Dプリンターを駆使して完成した、V型エンジン用のエンジンブロック(の実物大モックアップ)。シリンダーヘッドの実物を載せてみると、雰囲気が出ますね〜。

 これを持って、キタコに突撃! そう、これまでGクラフト単体でコツコツと制作を進めていたのですが、キタコさんが協力してくれることになったのです。

IMG_5517
 キタコが誇る敏腕開発スタッフの高木さんを囲んで、Gクラフト・山口社長としゅうしゅうがミーティング中。

 さぁ、これでプロジェクトも一気に進みそうですよ〜。この模様は、モトチャンプ11月号でご紹介予定。お楽しみに〜。
1月号のプレゼントはコチラ
47)
NEW!!モトチャンプ杯 2017 年版 統一車両規則書
47)
ギャラリー
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • モトチャンプ1月号、絶賛発売中!
  • 【11.12】SS1/32mile 大阪大会 油漢CUP リザルト

livedoor プロフィール
Archives
モンキー"RR"大作戦
ちゃんぷステージ
47)
モトチャンプブログQRコード
QRコード
Moto-champ公式Facebook
  • ライブドアブログ