東京モーターサイクルショー

本日、3月24日(金)から26日(日)3日間、
東京ビッグサイトで開催されている
第44回 東京モーターサイクルショー」。

我らがモトチャンプは、
西1ホールのC-8にブースを構えております!
IMG_7943

目印はGクラフト渾身のVツインモンキー!
と、
TOKYO PARTSが作り上げた土ダンク!

どちらも誌面からは想像もつかないほど、
急展開!?(笑)で、
超カッコいい姿に変貌を遂げております!

ぜひぜひ、会場で一目見て、
ついでにモトチャンプステッカーもゲットしちゃってください♪
17190414_1003505579748956_9051474426706830598_n
17264167_1003505623082285_3113660698181686434_n

それでは3日間、
モトチャンプブースでみなさんをお待ちしておりますよ〜。

(パク)

原二スクーターが大集合〜!

 すっかり春めいてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。サバンナです。
IMG_2965
 …ドドーン!
 5月号(4月6日発売)の特集で、原二(原付二種)スクーターの一気乗りテストを敢行しました!
 こうして一度に乗り比べてみると、それぞれの違いよくわかるもんですね〜。
 最新のアクシスZから、約12万円という低価格で話題のナビ110、個性派デザインで目を引くプジョー・ジャンゴなど、今気になる15台が大集合です。
 で、試乗インプレだけでなく、最高速&加速テストやシート下スペースをはじめとする使い勝手のチェックなど、全方位から15台を徹底的に検証していますよ。 
 というわけで、次号のモトチャンプもお楽しみに〜。

【2017年度版】モトチャンプ杯 統一車両規則書

大変お待たせいたしました。
【2017年度版】モトチャンプ杯 統一車両規則書を
アップいたしました。

こちら↓
2017年度版 モトチャンプ杯統一車両規則書

2017シーズン参戦予定の皆様
変更点がございますので、必ずご確認をよろしくお願いします。

●モトチャンプ編集部●

チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?

DSCF2401
「世界に通用するライダーを育てたい」という故阿部典史さん(ノリック)の遺志を継承して活動する「ウェビックチームノリックヤマハ」。今日行われた2017年の活動体制発表会に、私サバンナが行っていまいりました!

DSCF2426
DSCF2512
 さて、今年のチームノリックの筆頭は、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスにYZF-R1で参戦する上和田拓海選手。まだ20歳ですが、2014年にチームノリックに加入した後、順調にキャリアを重ね、2016年は全日本選手権J-GP2クラス年間6位に入るなど活躍。今年はついに、国内最高峰クラスへステップアップを果たした、というわけです。
「3年目の全日本ですが、チャンスをもらえてうれしいです。バイクもタイヤ(今年はダンロップ)も変わりますが、見てくれる人の目に留まる走りをしたいと思います(上和田選手)」

DSCF2519
DSCF2410
 そして、筑波ロードレース選手権J-GP3に全戦するほか、もてぎロードレース選手権GP-3とSUGOロードレース選手権GP-3にも参戦を予定しているのが阿部恵斗選手。まだ13歳ですが、20116年はスーパーモト東日本選手権S3クラスでチャンピオンを獲得するなど伸び盛り。注目はマシン。J-GP3クラスの主力はホンダNSF250Rなのですが、チームノリックはヤマハ系ということで、TZ125のシャシーにYZ250のエンジンをドッキングしたオリジナルマシン「TZ250F」で参戦するとのこと。
「初戦から優勝を狙います。筑波で1秒台を出せるよう、頑張ります(阿部選手)」

DSCF2517
DSCF2444
 最後が、タイ出身で17歳のケミン・クボ選手。チームノリックに加入した2016年はもてぎロードレース選手権でチャンピオンとなり、今年は全日本選手権J-GP2にフル参戦。マシンはNTSが製作したフレームにヤマハのエンジンを搭載したYN6になります。また、ケミン選手はアジア選手権SS600にもヤマハレーシングチームからフル参戦するとのことなので、大忙しの一年になりそうです。
「初めてのGP2になりますが、できればチャンピオンを獲りたいです。アジア選手権ではランク5位以内に入りたいです(ケミン選手)」

 そんな3名を擁するチームノリックですが、なんと今年は鈴鹿8耐への参戦も計画しているとか。ライダーは上和田選手、ケミン選手のほか、スペイン選手権にバレンティーノ・ロッシのチームから参戦するアピワット選手となりそう。

DSCF2383
 さらに、チームノリックを2010年からサポートしているウェビックの信濃社長から驚きの発表が。ウェビックが、世界耐久ロードレース選手権にフル参戦中のトリックスターレーシングをスポンサードし、チーム名も「Webike TRICK STAR」になるというではありませんか。

DSCF2490
 というわけで、2017年も話題豊富なチームノリック&ウェビックなのでした!

2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会

こんにちは〜。花粉を全身浴びながらバイク通勤を続けるサンタサンです。
今回は、2017年3月6日(月)に東京・広尾で行われた【2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会】の模様をお届けします。
1

会場は、同社を代表するBATTLAXブランド(二輪)。POTENZAブランド(四輪)のタイヤが展示されるレーシーな雰囲気で、ステージのど真ん中にはPOTENZAがドーン! 
2


3

ブランド戦略担当・鈴木道弘氏。

4

消費財タイヤ開発担当・井出慶太氏。

5

モータースポーツ活動の目的と2017年の活動計画が発表された後、ピストン西沢さん、SUPER GT GT500ドライバーの平手晃平選手と安田裕信選手ら3名によるタイヤ開発に関するトークショーを開催。

6
MCはプロのアマチュアレーサーとしても有名なピストン西沢さん。

7
8

場内に設けられたスクリーンには、MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000クラスシリーズチャンピオンの中須賀克行選手、北米Indy Carシリーズドライバーの佐藤琢磨選手からの熱いメッセージが届けられるなど、豪華な演出も。

気になる2輪カテゴリーでは、FIM世界耐久選手権(EWC)、FIM世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレース、MFJ全日本ロードレース選手権、MFJ全日本モトクロス選手権にタイヤを供給。ちなみに本誌テスターの“ソードー”こと濱原颯道選手も ヨシムラスズキMOTULレーシング のライダーとして、ブリヂストンタイヤを履きJSB1000クラスで戦います!
今シーズンは、10月8日〜15日で開催される、ソーラーカーによるオーストラリア縦断3000kmレース「Bridgestone World Solar Challenge」に挑戦する若きエンジニア達を環境技術でサポートすることも決定。“情熱と感動”を足元から支えてくれている ブリヂストン の活躍に期待しましょう!




4月号のプレゼントはコチラ
47)
NEW!!モトチャンプ杯 2017 年版 統一車両規則書
47)
ギャラリー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 原二スクーターが大集合〜!
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • チームノリック、2017年は8耐にも参戦!?
  • 2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会
  • 2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会
  • 2017年 ブリヂストン モータースポーツ活動発表会

livedoor プロフィール
モンキー"RR"大作戦
ちゃんぷステージ
47)
モトチャンプブログQRコード
QRコード
Moto-champ公式Facebook
  • ライブドアブログ